瀏覽模式: 普通 | 列表

黄澤南さんを偲んで

黄澤南さんは台湾高雄出身で、若いころは漁船用具の商売をしておられた そうですが、引退後の一九九〇年にご家族と共に台北へ移住されました。そ して一九九三年六月、親友の阿玉さんのご紹介で玉蘭荘に入会されました。 当時の玉蘭荘会員の殆どが女性で、夫婦で会員になられたのは張明徳さんご 夫婦と黄澤南さんご夫婦だけでした。澤南さんが書き残された文章によると、 入会の当初玉蘭荘の創立者堀田久子宣教師は既に台湾での任期を終えて日本 に帰国されており、玉蘭荘総幹事の任務を日本キリスト教海外部(JOCS) から台湾へ派遣された大川記代子さんにバットンタッチされていました。大 川記代子総幹事は新しいメンバーの澤南さんご夫婦を熱心に受け入れてくだ さり、さまざまな活動へ導き、お二人とも愉しいひと時を満喫することが出 来ました。又、玉蘭荘のボランティアのリーダー・馬場十寸穂さんはいつも 温かい笑顔で、毎回の昼食時にはスープや果物を用意して下り、手工芸指導 の運営委員長・鄭秀珠牧師夫人も、午後の活動時間に会員たちを指導してく ださいました。このように澤南さんご夫婦は、いつも仲間たちと玉蘭荘の愉 しい集いの時間を過ごされました。

[閱讀全文]

私は小さい時に日曜学校に通い始めて以来、歌の大好きな女の子でした。師範大学の音楽科を卒業した後結婚しましたが、三年後、長女の史佳が白血病を患い、あまりにも短い一生を終えて天に召されました。その後、生活の忙しさのなかで、歌好きだったはずの私は教会への足も遠のき、歌うことも忘れてしまいました。

[閱讀全文]

私は玉蘭荘で「羅さんの拾い読み」の講座を受け持っています。この講座は元々、会員の羅梅妹さんが立ち上げたものです。羅さんは客家人の性質を地でいくような、真面目で勤勉な方です。読書が大好きで、いつも玉蘭荘の書棚の前で本を読んでいる姿を見かけました。羅さんは、自分が感動し教えられた本の内容を、一字一字丁寧に大学ノートに書き写しては、何度も読んで自分で楽しんでいたのです。その内容のほとんどは日本のお話ですが、アメリカに住むお姉さんから送られて来るアメリカのお話もあったり、台湾の本から取られたお話もあり、実に多彩でした。


[閱讀全文]

大丈夫!?/理事長  都丸正夫 

運命は冷たい!二歳の姪に脳腫瘍が見つかり、手術をしたが、植物人間化し、話もできない立つこともできず、もって半年と言われたが、そこから七年生きて死去。台湾大学医学部を首席で卒業し、医者として頭角を現してきた時、肝臓に末期ガンが見つかり、妻と幼い二人の息子を遺して他界。結婚し妻が妊娠し、伝道師として胸膨らませていたその時、初産の息子が脳性麻痺で生まれ、経済的にももっと苦しくなり、ましてや精神的には追い詰められた生活を余儀なくされることに。運命は冷たい、残酷!

[閱讀全文]

人生最後の一ページ/理事長 都丸正夫

私の九十三歳の母は、今年の七月十四日夜、眠りについたまま、しずかに息を引き取りました。母の多くの友達は、同じように逝きたいものだとおっしゃってました。団塊の世代の私も、いよいよ人生最後の一ページにどんなことを記していくことができるかと考え始めています。

[閱讀全文]

デッサンクラス/デッサン講師 張惠愛

会員さんたちは、私の顔を見るといつもわくわくした表情で「今日はデッサンのクラスあるの?」と聞いてきます。皆さんの表情は若々しく、生き生きとしています。

[閱讀全文]

台湾に来て一年半が過ぎました。ここに来ることになったのは、主人の仕事の関係です。主人は以前、日本国内の転勤族であったことから、私も主人も関西の出身ではありましたが、関東、新潟、広島などで暮らしたこともありました。そして今回は台湾に来ることになりました。まさかこの年齢で、海外で暮らすことになるとは夢にも思っていませんでした。主人自身も海外で勤務することには迷いもありましたし、私も日本に残る選択肢が無かった訳ではありませんでした。

[閱讀全文]

ともにおられる主と/宣教師 松本望美

新型コロナウィルスが世界中で猛威を振るい、中国やアメリカ、イタリアなどで多くの死者を出し、医療崩壊が起き、経済は大きく傾きました。日本では非常事態宣言が発令され、東京では連日百人以上の人が感染し続けました。私たちの生活が変わり仕事の仕方が変わり、すべて「自粛」ムード。予定はすべてキャンセルさせられ、当分の間は予測不可能に。「パンデミック(大規模感染)」「ロックダウン(都市封鎖)」「オーバーシュート(爆発的に増える感染者)」などカタカナ用語がニュースの中に流れ、国民の不安をあおりました。

[閱讀全文]