誕生日会の感謝  陳秀華 ----120号

今年も猛暑も過ぎ去り、秋のさわやかな十月になりました。


今日も大勢の皆様から、しがない私のために誕生会を盛大に開いて下さり感謝しています

民国八十三年(一九九四年)に玉蘭荘の門をくぐって、足掛け十五年になりました。人生における十五年は短くありません。


 神様のすばらしい玉蘭荘は、私にとって居心地の好い楽園(パラダイス)、沢山のボランティアの限りない、至れり尽くせりの愛心、私たちの娘たち同然の若いボランティアに見守られて、私はすっかり甘えてボランティアの皆様の好意を素直に受取る事が出来るようになりました。


 皆様この十五年間ありがとうございました。余生が幾ばくかは分かりませんが、これからの余生を玉蘭荘に託する積もりでおりますので、宜しくお願い致します。

一年一年と老化を感じさせる今日この頃です。年寄りは扱いにくいと言う定評がありますので、私はなるべく手の掛からない年寄りになりたいと心掛けています。一年一度の誕生日会をお借りして感謝の言葉に代えさせて戴きます。
                       
(会員)

評論: 0 | 引用: 0 | 閱讀: 2589